10代で世界王者に。“魅せる”バスケで活躍を続けるタレントとは?

2018.02.09 AZrena編集部

バスケットボールのドリブルやハンドリングを、魅せるパフォーマンスに昇華させた「フリースタイルバスケットボール」。この競技において、日本は世界から強豪国として高く評価されており、“日本一は世界一”とまで言われています。

動画引用元:VIRUKSEN

そんなフリースタイルバスケットボール界のアイコンとして活躍しているのが、ZiNEZ(ジンジ)です。2004年にバスケットボール選手を目指してカナダへ向かった彼は、現地でフリースタイルバスケットボールに出会ったとのこと。そしてわずか19歳で世界王者に輝くと、20歳で国内2連覇を果たしました。

 

以後も活躍の幅を広げ、世界中のミュージシャンが憧れる地でもある「マディソン・スクエア・ガーデン(アメリカ)」でショーを行うなど、国内外でその名を馳せています。

27歳となったZiNEZは現在も、トッププレーヤーとして大会やパフォーマンスで活躍しています。日本人の父とカナダ人の母を持つ彼は、モデルやタレントとしても活動しており、その端麗な容姿と、圧倒的なパフォーマンス力で話題を呼んでいます。

 

10代からフリースタイルバスケットボール界を牽引し続けているZiNEZ。その多大な影響力を活かし、今後もさらなる飛躍が期待されます。