SNSは意見交換の場に。ジュビロ磐田サポ・田中真琴が呟き続ける理由[PR]

2020.02.06 小田 菜南子

HEAT-Xの製品一覧はこちら

WIND-Xの製品一覧はこちら

 

「サポーター」が、そのチームを選んだ理由は人それぞれ。生まれた時から地元愛を貫く人がいれば、特定の選手に惹かれてサポーターになる人もいます。

そんな愛するチームを応援する人々のストーリーに迫るのが、本企画「チームを支えるサポーターの“応援”の話 powered by HEAT-X/WIND-X」。

 

最終回は、ジュビロ磐田サポーターの田中真琴さんにフォーカス。幼い頃から母親と一緒にスタジアムや練習場を訪れる“英才教育”を受けてきた彼女は、現在女優として活躍しながらサッカー専用SNSアカウントで日々チーム愛を発信。偽りない正直な言葉がサポーターの心を動かしています。

 

インタビューを行なった日、すでにジュビロ磐田のJ2降格が決まっていました。「物言うサポーターでありたい」と話す田中真琴さんは、今この時期をどのようにとらえているのか。批判を覚悟でSNSを続ける理由は何なのか。

 

写真・撮影:槇野翔太

 

小学生の胸に響いたスタジアムの一体感

母の出身が磐田で、私は赤ちゃんの頃からスタジアムや大久保グラウンド(ジュビロ磐田の練習場)に連れて行かれてました。一番最初の記憶は、保育園の頃かな。当時は大久保グラウンドの見学席も整備されていなくて、芝をいじって遊んでいたのを覚えています。物心ついたときからずっとジュビロ磐田を見てきました。

実家は京都にあるので、母の休みと重なったときしかホームの試合は行けませんでしたが、関西で試合があると家族で観に行きました。好きだった選手は藤田俊哉さん。冷静なのに、ゴールを決めると笑顔を見せるところにも子どもながらにキュンキュンして(笑)。京都の小学校で藤田さんの下敷きを使って、クラスの男子から「何で?」ってよく言われました。今でも私にとって、彼を超える選手はいません。

 

私が小学生の頃にジュビロ磐田は黄金期を迎え、名波浩、中山雅史、福西崇史・・・とスター選手が揃っていましたが、ピッチの外にも憧れの存在がいました。

 

当時はまだゴール裏に入れなかったので、家族でバックスタンドのホーム寄りに座っていたのですが、試合開始前に1人の男の人がやってきて、応援を盛り上げてくれたんです。おそらく、コールリーダーと呼ばれるような人だったのだと思います。真冬の寒い日にもかかわらずTシャツ1枚で汗を流しながら、「みんな行くぞ!」って。

 

そのとき感じたスタジアムの一体感は忘れられないですね。たった1人が声を上げることで、こんなに多くの人を同時に巻き込めるんだ!ってぐっと胸が熱くなりました。大人がそこまで一生懸命に声を張り上げる様子なんて、子どもは普段見ないじゃないですか。

そうした驚きもあったんだと思います。応援っていいなぁって。私も太鼓叩きたいなって思っていました。

 

不安に目を瞑りたくない。活発な議論の発起人に

東京に出てきてからは、関東の試合を中心に観に行っています。1人で観に行くよりも、誰かと行く方が好きかな。試合中は意外と静かなタイプ。昔から、姉や弟のほうが相手のファールや判定に対して声を上げていたので、私は隣で黙っていることが多かったですね。際どい位置でのパスミスとか、それはさすがにひどいっていうジュビロのミスに対しては、つい声が出ちゃいます(笑)。

 

Twitterではむしろ、批判的なことも言わなきゃいけないと思って呟いています。もちろん批判をするだけではよくないけど、いいチームを一緒に作っていくために「こういうところを変えてほしい」と伝えるのもサポーターの役割だと考えています。逆に、問題に目をつぶって「今のチームが最高だ!」という姿勢は、本当に応援してるって言えるの?って思っちゃう。芸能活動も頑張りたいけど、いちサポーターとして存在したい思いがあったので、サッカー用のアカウントを作りました。

 

批判を受けることもあるけど、最近はあまりネガティブに受け取ることはないですね。私の一言で議論が生まれたり、リプライ欄が意見交換の場になるなら本望。私が気づかなかったことを教えてもらえると、はっとします。目立ちたいわけではなくて、みんなが思っていることを一緒に共有したいという思いが強いです。意見があっても、声に出せない人もいるはず。そういう人が私の発言をリツイートしたり、引用することで発信しやすくなるなら嬉しいです。それが表に出る人の役割だと思っています。

 

最初は傷つくこともあったし、今でも「こんなこと言っていいのかな」って躊躇することもあります。でも発信してきてよかったと思うことのほうが多いですね。この前、女子のサポーターから、「いつもまこっちゃんが言うことに元気づけられてるから、これからも続けてください!」ってDMをもらったんです。サッカーの応援ってまだまだ男っぽいイメージもあるし、周りから引かれるんじゃないかと思ってサッカーが好きなことを言えない子も多いみたい。そんな子に勇気を与えられたら嬉しいです。Twitterで私を知って、スタジアムで話しかけてくれたご夫婦が私の舞台を東京まで見にきてくれたこともありました。サポーターとの繋がりを感じられることが増えましたね。

 

チーム成績が悪くても、姿勢はぶれない

ジュビロの成績が落ちると、正直投稿内容もネガティブな内容が増えます。2019年は特に、そんな投稿を続けて良いのか悩むこともありました。負ける試合なんて見たくないし、負のスパイラルにはまっている時期はダイジェストを見るだけでお腹いっぱい・・・。「次はきっと」っていう言葉も上滑り。「しんどい」なんて呟いたら叩かれるし、どうしたら良いんだろうと思っていました。

でも、そんなときに無難なツイートだけしてるのは自分としては違うなと。誰かを傷つけないように気をつけながら、みんなが感じている不安を発信していこうと決めました。逆にチームが、自分たちの課題を見つけて、そこを改善しようとしている状況なら前向きな言葉をかけたいと思っています。

 

いくら辛い時期が長くても、良い試合があればすぐに立ち直って熱くなれるのもサポーターですよね。今までで一番印象に残っているのは、やっぱり2015年にJ1昇格を決めた大分トリニータ戦。勝てば自力昇格。引き分け以下なら、アビスパ福岡の結果次第。1点リードが続いていたのに、後半45分に同点ゴールを決められました。アビスパはもう勝利が確実という状況だったので、このままではプレーオフに回ってしまう。そんな中、小林祐希選手(現ジュピラー・プロ・リーグ・ワースラント=ベフェレン所属)がアディショナルタイムに勝ち越しのゴールを決めました。

 

体全体で叫びたくなるような瞬間でした。

家族全員で大騒ぎしましたね。あのときの写真のポスターがまだ実家のトイレに貼ってあります。また昇格したら、貼り替えます。

 

J2降格をポジティブに。

J2は、正直怖いです。でもポジティブにとらえている自分もいます。ある意味、これでチームが真っ白な状態に戻って、ここからまた作り直せるタイミングですよね。それはサポーターにとっても同じだと思うんです。スタジアムでもSNS上でも、サポーター同士がいがみ合う状況を見てきました。でも、そんな場合じゃない。今こそサポーターが一つにならないといけない。私たちのあり方が問われています。この1年で良いところは残して、不足している部分はみんなで補い合えるチームになりたい。そして、前回は1年かかったけど、今回は圧倒的な強さでJ1に戻ってきたいです。

 

一方で、これからのジュビロを応援する人を新しく増やしていくためにできることも考えたいです。熱いサポーターは大切だけど、私はもっと気軽にサッカーを見にくる人がいてもいいと思ってます。きっかけは何でも良いんです。イケメン選手がいるから、スタグルがおいしいから、ユニフォーム女子はかわいいから、という理由でいいじゃないですか。スタジアムで飲むビール!でもいい。私も3杯は飲んじゃいます(笑)。

 

いわゆる“にわか”の人たちを、一緒に盛り上げて、「サッカー楽しい!」と感じてもらえたらまた見にきてくれるかもしれない。

 

女子サポは特に、特定の選手をかっこいいと言うと批判されやすいですよね。私の母はずっと名波浩さんのファンだったのですが、京都に移住してからはあまりヤマハスタジアムに行けなくなり、私と練習見学に行くことが多くなりました。当時はあまりサインをくれない選手だったけど、待ち続けてやっと出てきてくれたときに「名波選手ー!サインくださーい!」って子どもながらに精一杯叫んで、ファンサービスをしてもらいました。あのときの喜びは今でも覚えています。

 

それをミーハーって呼ぶ人もいるけど、ミーハーがいなかったらスポーツ自体が盛り上がらない。ミーハーから“ガチサポ”になることもありますよね。女子のサポーターを増やすために、「もっとこうしたらいいのに!」って思うことはたくさんあります。プロデュースさせてほしいくらい!(笑)こんなこと言ったらまた怒られちゃうかもしれないけど、まずは私の投稿を見てスタジアムに来てくれる人が増えたら良いなと思います。

 

寒くて辛かった観戦試合は・・・

去年のプレーオフの東京ヴェルディ1969戦ですね。12月に1人でヤマハスタジアムまで見に行きました。試合は勝って、残留を決めたのでよかったのですが、帰りがまた寒くてつらかったですね。試合が終わってからスタジアムを出るのが遅くなってしまったので、シャトルバスが1時間待ちくらいの行列になってました。早く帰ればよかったんですけど、ついついほっとしたのもあって余韻を味わっちゃって。

 

寒い時期は上にコートを着ちゃうので、ユニフォームが隠れちゃうのがちょっといやですね。基本のスタイルは、ユニフォームにタオル、リストバンド。このポンチョは、ホームの試合で来場者全員に配布していたんですよ。あったかいし、かわいいし、ジュビロサポーターだよって主張もできるのでよく使ってます。

 

今年は全国のスタジアムに行くのが楽しみです。また最高の瞬間を全員で迎えたいですね。サポーターの輪がもっと広がるように、私もSNS発信を続けていきます。

 

寒い日の観戦のお供に!HEAT-XとWIND-Xを読者の方へプレゼント!

本企画「チームを支えるサポーターの“応援”の話 powered by HEAT-X/WIND-X」

の連載記事を読んでくださった方から抽選で15名の方に、冬の応援時における必須アイテム「HEAT-X」と「WIND-X」をプレゼントします!

 

【応募方法】
本特集記事のURLに加えハッシュタグ「 #寒くて辛かったあの試合 」を添え、該当する試合についての思い出を添えてツイートしてください。これで応募は完了です。


【キャンペーン対象記事】
本記事に加え、以下過去記事も対象となっております。

 

“行動力”で茨城から仙台へ。ベガルタ仙台サポ・峰麻美のクラブ愛[PR]

「どんな結果でも楽しむ」。ジェフ千葉サポ・いぬゆなの応援スタイル[PR]

年間588試合観戦も。サガン鳥栖サポ・久留米次郎のサッカー観戦法[PR]

イランからブラジルまで。名物サポ・UGが日本代表を追い続ける理由[PR]

サンフレッチェレディースからの転身。ゴール裏の「大旗振り」が語る広島愛[PR]

 

【提供商品】「HEAT-X」「WIND-X」のアンダーシャツを1つずつ

 

①HEAT-X

ヒートクロス あったか 厚手長袖Vネックアンダーシャツ(Men’s)
https://ssx.xebio-online.com/ec/srDispProductDetail/ItemId/A-10711997901

ヒートクロス あったか 厚手長袖クルーネックアンダーシャツ(Lady’s)
https://ssx.xebio-online.com/ec/srDispProductDetail/ItemId/A-10711998101

 

②WIND-X

ウインドクロス 防風 長袖ハイネックシャツ(Men’s)https://ssx.xebio-online.com/ec/srDispProductDetail/ItemId/A-10711999401

ウインドクロス 防風 8分袖ハイネックシャツ(Lady’s)https://ssx.xebio-online.com/ec/srDispProductDetail/ItemId/A-10712000101

【締切】2/7(金)23:59

→本キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募、誠にありがとうございます!

【当選発表】2/10(月)14:00から、順次当選者にAZrena公式TwitterよりDMを送らせていただきます。

【注意事項】
・鍵付きアカウントの方は対象外となります。ご了承ください。
・発送先の住所は日本国内に限らせていただきます。
・当選連絡後、3日以内にお返事がない場合は別の方に権利を移行させていただきます。