世界が小さいからこそ、経験できたこともある。日本代表・柳田舞がクリケットを通して得られたこと。

2015.01.19 AZrena編集部

柳田舞

 

今回はクリケット女子日本代表で早稲田大学4年の柳田舞選手にお話を伺いました。クリケットはイギリス発祥のスポーツで、バットとボールを用いて1チーム11人で対戦する競技です。野球の原型とされており、世界の競技別スポーツ人口においてはサッカーに次いで2位と言われています。

 

ソフトボールからクリケットに転身

 

-まずはクリケットを始めたきっかけを教えてください。

中高はずっとソフトボールをやっていました。ただ大学では新しい別のスポーツをやりたいと考えていたので、いろいろと探していたんです。そこでクリケットに出会いました。野球の原型ということでソフトボールとも似ていると思いましたし、今まででは考えられなかったような「日本一」に自分もなれるかもしれないというところに惹かれました。

 

他にも競技を調べたりしたのですか。

いくつかピックアップはしていました。アルティメット、スカッシュ、ラクロス、女子野球などです。その中でサークルの雰囲気もよかったので、大学のクリケットサークルを選んだのが競技を始めるきっかけです。

 

ソフトボールからクリケットに活かせた部分はどういったところがありますか。

肩が強かったので投げる部分や、打ち方も野球のように打つ方法もあるので、そういった部分は活かせました。反対にボウラーをやる場合には投げ方が違うので大変でした。肘を入れて投げてはいけないので、野球経験者はどうしても癖があるので苦労している人が多いです。私は慣れたので、むしろ今は投げる方をメインにやっています。

※ボウラー:野球でいうところのピッチャー

 

クリケットの魅力を教えてください。

大学のサークルのキャプテンをしていたのですが、ボウラーが変わる度に守備位置を動かすなど、いろいろと戦略的に考えてプレーしなくてはいけないところがあります。頭を非常に使うので難しくもあるのですが、面白いです。野球よりもアウトを取るプロセスを突き詰めるところがあると思います。

 

戦略を動かすタイミングはいつなのでしょうか。

ボウラーは6球で交代しないといけないのですが、その度に考えて動かします。例えばボウラーが速い球を投げる人であれば縦に守備を集めます。それはあまり野球のように大きくスイングされないからです。一方変化球などの遅い球を投げるボウラーの場合は打ったフライをキャッチしてアウトを取るために横に広がる傾向にあります。

 

キャプテンとして意識されていたことはありますか。

競技を真剣にはやることはもちろんですが、基本的には楽しくやってこそだと思っているので、試合の時はあまりピリピリしないようにしていました。楽しんだ方がベストなプレーができると思うので、しっかりと声を出したりして、メリハリを付けつつ、ポジティブにやるようにしています。

 

競技をする上での喜びと苦労

 

クリケットをしている上で苦労したことを教えてください。

練習場所に苦労します。公園は禁止されているところがほとんどですし、河川敷も他の競技が使っていることが多いです。やる時は周りに人もいるので狭いところで工夫してやっています。

 

なかなか広いグラウンドを確保することは難しいですよね。

 

柳田舞

反対に嬉しかったことを教えてください。

大学の試合で優勝できたこともそうですし、日本代表として国際試合に出られるようになったことも嬉しかったです。人生が変わるくらいいろいろな経験ができるようになりました。

 

クリケットを始めるにあたっての周囲のリアクションはいかがでしたか。

親は特に賛成も反対もしなかったですし、あまり関心がなかったようです。でも最近になってようやくルールなどに興味を持ち始めてくれています。アジア大会にも出ていたので、もう少し早くてもよかったのではないかなとは正直思います(笑)ただお金の部分で補助してもらっているところもあるので、感謝しています。遠征費等でどうしてもお金がかかってしまうので。

 

道具はそれぞれ個人で用意しているのでしょうか。

真剣にやるとなるとバットや防具を自分で用意しますが、日本では買えないのでネットで買うことになります。重いので送料もかなりかかります。代表選手はやはり見て買いたいので遠征で行った時に買います。ただバットは見るだけでなく、実際にボールを弾かせてみないと善し悪しは分かりません。オーダーメイドのものもありますが、それなりに値段が高いです。道具の値段はピンキリですが、一般的に大学生が使っているようなものは2万円しないくらいだと思いますね。

柳田舞

 

1人でも多くの方にクリケットを知ってほしい

クリケットを日本で広める上での課題は何だと思いますか。

露出が少なく、知名度が低いことが一番の問題だと思います。よくラクロスと勘違いされたりします。クリケットをやっていると言うと「棒に網が付いているやつでしょ!」と言われるんです(笑)視覚的に分かりやすく広めたいですね。大学のグラウンドでできるわけではないので、応援団が来るわけではないですし、グラウンドも広いところとなると郊外になるので、フラッと観に来ることができません。そういったところも原因だと思います。

 

-4年生ということなので、サークル自体は引退されていると思いますが、今後どういった形で競技に関わっていこうとお考えですか。

日本代表はできる限り、選ばれる限り、続けていきたいと思っています。あとは学生リーグの上に社会人リーグがあるので、そこに出つつ、時間があれば学生の練習にも参加したいと考えています。

 

クリケット女子日本代表の世界における位置を教えてください。

今回は逃しましたが、前回の東アジア・太平洋地域の大会では優勝しています。アジアでは強い方ですが、世界ではまだまだです。やはりアジアで強いのはインド、その周辺のパキスタン、バングラデシュ、スリランカ、他にもオーストラリア、ニュージーランドが強いです。

 

年間のポイントランキングが決められていますが、それはどのようにして算出しているのでしょうか。

ボウラーとしてアウトを取った数、守備でアウトを取った数、バッターとして取った点数など一つひとつのプレーに点数が決まっています。それを合計して算出しています。

 

柳田舞

 

もしクリケットをやっていなかったら何をしていましたか。

先ほど挙げたような競技をしていたと思います。雰囲気が自分に合って、自分がプレーヤーとしてできる場所を選んでやっていたと思います。

 

趣味を教えてください。

プロ野球を観るのが好きで、巨人ファンです。高橋由伸選手を応援しています。

 

ご自身の魅力を教えて下さい。

身長が小さいながらも、頑張っているところです(笑)外国の選手は女性でも大きいので、並ぶと大人と子供みたいです。そんな選手からアウトを取れるとちょっといい気持ちになれます。

 

クリケットをやっているからこそ起きたエピソードがあれば教えてください。

この前サークル対抗のソフトボール大会に出たのですが、みんなバッターの時の構えがクリケットでした(笑)クリケット特有の構えがあるので、普通の野球の構えは落ち着かないんだと思います。

 

最後に読者にメッセージをお願いします。

1人でも多くの方にクリケットを知ってほしいです。まずは観に来てもらって、そうすればやりたくなると思います。まだまだ日本のクリケット界は小さいですが、だからこそいろいろな人と知り合えたりしますし、世代や性別、国境を越えるスポーツだと思うので、ぜひ一度観てみてください。