あのブームをもう一度!トップリーグ開幕へ、ラグビー選手が熱い想いを披露

2017.08.16 AZrena編集部

日本ラグビー協会は、8月18日(金)のジャパンラグビートップリーグ開幕に向けてPR動画を公開しました。

ラグビー日本代表は、2015年のラグビーワールドカップで、世界ランク3位の南アフリカ代表に勝利するなど、日本中を熱狂させる歴史的快挙を達成しました。その後は日本でのラグビー人気が高まり、15-16シーズンのトップリーグ入場者数は過去最高の約49万人を記録しています。

しかし、翌年の16-17シーズン総入場者数には、前年度から入場者数が約3万人減少しています。そんな中、ラグビーブームを復活すべく「トップリーグの逆襲」と題した動画が公開されました。

動画引用元:ジャパンラグビートップリーグ

動画では、日本代表の最多出場記録を持つ大野均選手がリンゴを握りつぶしたり、ニュージランド出身のトンプソン・ルーク選手が漫才を披露したりするなど、コメディ要素も満載です。最後にはラグビーブームの再燃へ向け、選手たちがメッセージを述べており、その熱い想いがひしひしと伝わってきます。

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップへ向け、新たな一歩を踏み出している日本ラグビー界。あの感動と興奮を思い出し、ぜひラグビーのトップリーグを見に行ってみてはいかがでしょうか。