本田圭佑のクラブで活躍した“分析官”が歩んだ、異国でのサッカー人生。

2017.08.18 AZrena編集部

近年は数多くの日本人サッカー選手が海外に活躍の場を移しているが、選手だけでなく“スタッフ”も海外進出を果たしている。

高校までサッカー選手としての道を歩んでいた岡田悟氏は、高校卒業と同時にイギリスに拠点を移し、プロチームの育成年代で分析官として活躍した。その後は本田圭佑がオーナーを務めるSVホルン(オーストリア)でキャリアを積んでいる。

日本からサッカーの母国に足を踏み入れた岡田氏が、いかにして分析官の道を歩んだのか。その功績を辿るとともに、現在取り組んでいる“新たな試み”にも焦点を当てた。

 

“何気ない会話”をきっかけに海外挑戦を決意

-まず、これまでのスポーツ経歴を教えてください。

小学校から地元・杉並のクラブチームでサッカーを始めて、高校まで続けていました。高校は専修大学附属高校で、ほぼ全員がそのまま専修大学に進学しています。

 

-サッカー一筋の生活から、どのように留学に至ったのでしょうか?

高校では地域のチームに入っていたんですが、3年生の時には専修大学以外の大学に進学することも考えていました。そこで、当時教わっていたコーチに「どうしようか迷っていて…」と相談したら、冗談半分に「留学とかありなんじゃない?」と突然言われて(笑)。留学の選択肢はなかったんですけど、その言葉を真剣に捉えて行ってみようかと思いました。

 

-その意思を両親に伝えた時のリアクションはいかがでしたか?

親は「面白いんじゃないか」という感じで応援してくれました。サッカーでは、僕は高3の時点でだいぶ背が低くて、このまま大学に行ってもフィジカルで苦労するだろうと感じていました。それだったら他の道に行ってもいいかなと思い、親にも相談して留学を決めましたね。

 

-卒業後は海外の大学に進学したのでしょうか。

高校を3月に卒業して、5月からまずはイギリスの語学学校に入学しました。そこから1年1カ月くらい、日本に帰ってきたりもしながら語学留学をしていました。もともとは11カ月間の予定だったんですが、12月になってその後の進路を考え始めた時に、大学進学という選択肢が出てきたんです。そこから最後の6カ月は、大学に行くための勉強に切り替えました。

 

-大学はどこへ?

イギリスのサウサンプトンに行きました。4大学くらいに入学希望を出して、返事が来たのがリバプールとサウサンプトンの大学でした。リバプールは昔からある有名な大学で、サウサンプトンは比較的新しい大学だったので、新しいほうに行きたいと思っていました。

あとは語学留学の時に、イギリスの南部で学んでいて、北部のリバプールだとイントネーションの違いもあるので、南部のサウサンプトンのほうが馴染みやすいかなと。サウサンプトンの大学を選んで、吉田麻也選手(2012年〜プレミアリーグ・サウサンプトン所属)には1度だけお会いすることができました。

 

-イギリスといえばサッカーの母国ですが、サッカーに関わる仕事がしたいという想いはありましたか?

僕自身ずっとサッカーをやっていましたし、イギリスでも少しプレーしていたので、その当時はコーチングくらいしか分からなかったものの、漠然とやってみたいとは思っていました。

 

-サウサンプトンの大学ではどのようなことを学んでいたのでしょうか。

フットボールスタディーというコースで、サッカーのコーチングや社会学を学んでいました。大学がグラウンドを持っているので、そこにみんなで行って、実際にプロチームで働いている講師のコーチングを見たり、実際にコーチングを実践したりしていました。社会学は歴史がメインで、サッカーがどこから生まれて、どう変化してきたのかを(※)3年間かけて学んでいました。

※イギリスの大学は主に3年制となっている

 

-サッカーの歴史を母国で学ぶのは面白そうです。

僕自身あまりサッカーがどこから来たのかは気にしたことがなかったんですけど、昔のサッカーはなんでもありだったそうです。街と街の戦争という話を聞いた時は面白かったですね。

 

イギリスは北部の工業地帯のほうが強いチームが多いと聞きます。労働者が多く、階級的にもサッカーというスポーツが合っていると。

サッカーはワーキングクラスのスポーツだったので、北部の街はサッカーで発展していったんです。当時は土曜の15時に休みを作ってサッカーをやっていたので、その名残で今のプレミアリーグでも土曜15時キックオフの試合が多いです。僕はセミプロでプレーしていましたが、そこでも同じ伝統がありました。

 

-逆に、南部のチームはそこまでサッカーが盛んではない印象があります。

プレミアリーグにサウサンプトンがいて、今年はブライトンというチームも昇格してきて、だんだんと盛り上がってきてはいますけどね。それでもプロのチーム数だと、北部に比べて南部は圧倒的に少ないです。セミプロの全国大会でも、優勝するのはだいたい北部のチームです。