Jクラブがレシピ作りで対戦!“もうひとつのルヴァンカップ”とは?

2016.10.25 AZrena編集部

先日行われたYBCルヴァンカップ決勝・浦和レッズvsガンバ大阪はPK戦までもつれ込み、最終的に浦和が13年ぶり2度目の優勝という形で幕を閉じました。

昨年までヤマザキナビスコカップとして行われてきたこの大会。冠スポンサーの社名変更に伴って今大会から名称変更され、「YBCルヴァンカップ」として新たな一歩を踏み出すことになりました。Jリーグにおける3大タイトルの1つに数えられるカップ戦です。

ピッチ上の戦いは浦和が制しましたが、その裏側で「もうひとつのルヴァンカップ」が行われていたことをご存知でしょうか?

これは大会名にも入っているヤマザキビスケット株式会社のクラッカー「ルヴァン」を使ったレシピを各Jリーグチームが考え、投票によって競うというもの。それぞれのクラブの地元グルメを活かしたものや選手・関係者が考案したものなど、たくさんのメニューが登場しました。

そんな栄えある「もうひとつのルヴァンカップ」を制したのは…柏レイソル!

 

動画引用元:Jリーグチャンネル

レイソルのチームカラー・黄色をイメージしたトッピングが添えられたキーマカレー×ルヴァンのレシピ。中谷進之介選手の初々しいメニュー紹介にも注目です。