蹴って投げてタックルもあり!球技の全動作が詰まった“総合球技”

2019.03.27 AZrena編集部

蹴る・走る・投げる。球技のすべての動作が詰まった、総合格闘技ならぬ“総合球技”と呼ばれるのが「クロナムボール」という競技です。

クロナムボールは全身を使うことが許されており、接触プレーも可能なため、サッカー、バスケットボール、ハンドボール、ラグビーの4つの競技が合わさっているような競技といえます。

動画引用元:KronumLeague

競技の舞台となるフィールドは、直径40〜60メートルの円形フィールドです。フィールドは4つのゾーンに分けられており、それぞれのゾーンにゴールが設置されています。

攻撃側のプレイヤーは4つのゴールすべてに攻めることができ、離れた場所からゴールを決めると得点が高くなります。さらに、クラウンリングと呼ばれるゴール上部に設置された5つの穴にゴールを決めても、高得点を得ることができます。

通常の球技よりも自由度が高いですが、その分だけ戦術や運動能力が求められそうです。そんなクロナムボールは、なんとまだ日本には未上陸とのこと。我こそはと思う方は、今のうちから準備を進めておけば先駆者になれるかもしれません。